トム・アット・ザ・ファーム

ゲイのサスペンスじたての映画を観てまいりました。

d0151919_125344.jpg

トム・アット・ザ・ファーム Tom a la ferme
美しい映像といやがおうにも盛り上がる不気味で旋律なメロディ。
死んだ恋人ギヨームの故郷をたずねるトム。
その、閉塞的な田舎の農場にいるのは老いた母親と存在を聞いていなかったギヨームの兄。

兄は母親を憎みながら愛しがじがらめになりながら
それでも母を守るため トムにギヨームが同性愛だったことを
隠すよう強要し、暴力で制圧する。

トムは逃げだそうとするがそのたびにつかまり
暴力と優しさを交互に受けて 少しづつ壊れていく。

よくわからないような分かったような
不思議な話ではあるが
なにしろ映像がきれい
曲が忘れられない。
観終わって、そしてもういちど観たくなる
そんな映画。


エンディング曲がとてもよく 車で逃げだしていく主人公の
映像にぴったりで 泣けてくるのでした。
going to a town
[PR]
トラックバックURL : http://nekosumiya.exblog.jp/tb/21302385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ne_sumiya | 2016-07-25 01:24 | 映画 | Trackback | Comments(0)

日記  映画のこと


by ne_sumiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30